• 新刊情報/書籍

『長寿の研究-楽観論者のエッセイ』電子版

本書は、20世紀初頭の科学者メチニコフの著作である。メチニコフは「免疫食細胞」でノーベル賞を受賞し、晩年ヨーグルトを食べるブルガリア人の長寿者が多いことに着目し「乳酸菌による不老長寿説」「腸内細菌」の重要性を世に広めた人です。最近の研究で、腸内細菌の健康に対する影響がようやくわかり始めてきたが100年も前にそのことを指摘した先駆者ともいえる科学者です。
本書は、昭和17年に平野威馬雄氏(ヘンリー・P・ブイ アメリカ人,平野レミさんのお父様にあたられます)による翻訳で、長らく絶版となっておりましたが、腸内細菌学会を主催されている「財団法人日本ビフィズス菌センター設立25周年(2006年)に合わせて復刊されました。
書籍は、本体価格4800円です。今回電子版は、広くご覧いただく意味で税込2400円となっております。電子版は、直接以下の「シナノブック」からご注文いただけます。
シナノブック